福祉の現場で求められるスキル

,

近年、他分野から福祉業界に転職する方が増えています。福祉業界は比較的に未経験の方でも応募可能な事が多く、また高齢化社会の影響で人材の需要も急増しています。

しかし、実際に働いてみると、理想やイメージとは異なる事も多いようです。
福祉業界は人対人の関わりが必要な分野です。従って、人と話す事が好きな方や誰かの役に立ちたいという使命感のある方には適職です。
しかし、そもそも人と関わる事が苦手だったり、人との関係性を作るのが苦手な方は、実際に転職してから苦労する事が多いです。
また、チームで動くため、スタッフ同士の連携も不可欠です。スタッフ同士の関係性も仕事の効率や利用者からの印象に大きく影響するため、コミュニケーション能力は必須です。そのため、福祉業界に転職を考えている方は、人と関わる事が好きであるという事が重要と言えます。

福祉業界の中でも特に、介護の仕事は体力も必要な分野です。
特に今までデスクワークが中心だった方は、転職したての頃は体が慣れるまでは大変でしょう。
基本的に立ち仕事であり、また利用者の体を支えたり、持ち上げたりする事も多いため、想像以上の体力が必要になります。

加えて夜勤や早番、遅番等がある勤務体系の職場では生活が不規則になりがちです。普段寝ている時間に仕事をするのは、想像以上に体力的に辛いものとなります。従って、日頃より体を動かす事が好きな方や体力に自信がある方はおススメの分野であると言えます。
介護業界に転職を考えている方は、転職前に体力作りを心がけると転職後にスムーズに働く事ができるでしょう。