未経験で福祉業界に転職する時の心構え

,

時代の変化と共に日本でも高齢化が進んでいる中で、需要が増加傾向にあるのが福祉業界の仕事です。
業界全体で人材不足に頭を悩ませている現状から、経験を問わず募集を行なっている所も少なくありません。こういった理由から別の業種からの福祉業界への転職を考える人も増えてきています。

未経験者が応募をする場合、安定性や実際に家族を介護した経験があるなどその理由は様々ですが、まず一番に考えなくてはいけないのがその仕事に対する志望動機です。
どんなにやる気があっても、なぜその仕事を選んだかについて明確な理由を答えられなければ面接官に良い印象を与えることは難しいでしょう。
さらに、福祉スタッフの採用試験では人柄を見られることが多いため、きちんと真摯な気持ちで面接に挑まなければ思いは伝わりません。

志望動機の明確な理由を考えるために必要となるのが、希望する仕事内容についての下調べです。
一口に福祉業界と言っても様々な業種があるのはもちろんのこと、勤務内容や収入面でも大きく異なります。そのため、まずは自分が希望する業種についての情報収集を行なった上で、その仕事に就いてやりたいことを明確しておくことが大切です。

福祉業界では、資格の有無でも仕事の幅に違いが出ます。福祉業界で無資格で働いている人はほんの一部で、多くの人が何らかの資格を持っているのが現状です。仕事によって必要となる資格に若干の違いはありますが、長く仕事を続けていくのであれば何かしらの資格を取得することも必要になります。